ホラー映画研究: 「ザ・ハロウィン」★2019年6月★はたして廃墟の病院内ではいったいどんな惨劇が繰り広げられ、どんな結末を迎えるのでしょうか?

2019年07月20日

「ザ・ハロウィン」★2019年6月★はたして廃墟の病院内ではいったいどんな惨劇が繰り広げられ、どんな結末を迎えるのでしょうか?

「ザ・ハロウィン」★2019年6月★

ザ・ハロウィン [DVD] - ディラン・ウォルシュ
ザ・ハロウィン [DVD] - ディラン・ウォルシュ



 最近ハロウィンのリメイクがレンタル化されていたので、それかと思って借りてしまいました。すると知ってるあらすじと違う気がするので、じっくり観ると時間軸が良くわからないのですが、何よりC級感がすごいです♪

 この「ハロウィン」のジャケットは見覚えのあるジャケットとは少し違い、しかもしばらく前まで上映中でしたね♪いわゆるバチ者ですが、観てみましたので、感想などをお届けします♪

 最初は「ハロウィン」のマイケルが最初の両親を殺すところからスタートして、精神病院に収容されてしまうのです。

 その後、ホラー映画監督のクロウの紹介が始まります。そして落ちぶれてしまった彼は、ペンシルバニア州の小さな町サマートンで、ハロウィンのイベントとして『恐怖の館』を企画するのです。

 「恐怖の館」とはハロウィンの催しとして廃墟の病院を改造しそれを利用した巨大アトラクションで、ホラー映画監督のクロウがプロデュースを担当するのです。

 廃墟の病院内には様々な仕掛けがあり、隠しカメラで参加者の恐怖の表情を撮影しイベントを盛り上げようと計画するのです。

 そして迎えたハロウィンの夜です。アトラクションの準備が整う中、近くをマイケル達たちを乗せた護送車が刑務所に向け輸送を行っているのです。

 その護送車と買い物帰りの監督のクロウの運転する車がぶつかりそうになり、ハンドルを切り損ねた護送車が事故を起こして大破してしまうのです。

 一方アトラクションは押し寄せる人々を迎え開始するのですが、客の中に、精神病院の護送車から脱走した殺人鬼が潜んでいたのです。

 そしてアトラクションはたちまち、惨劇の修羅場と化すのです。クロウはその様子を撮影し、“究極のホラー映画”を作ろうとするのです♪

 はたして廃墟の病院内ではいったいどんな惨劇が繰り広げられ、どんな結末を迎えるのでしょうか?というパッケージは『ブギーマン』のハロウィンっぽいですが、全然関係ない作品です♪


以上の恐ろしくも、凄惨な映画を見た後に、次の心洗われる動画を見てリフレッシュして下さい♪



【江原啓之】死刑囚の死後の世界と死の迎え方 必見の正論【幸せの法則】

ストーリー B
映像 B
エロ度 C
ショック度 B
(スプラッター×、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター×、謎○、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」

posted by ホラケン at 16:32| Comment(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: