ホラー映画研究: 「アクアマン」★2019年6月★海底王国アトランティスの海底人たちは尾田栄一郎先生のONE PIECEの魚人族そっくりではないかと感じてしまいます♪

2019年07月07日

「アクアマン」★2019年6月★海底王国アトランティスの海底人たちは尾田栄一郎先生のONE PIECEの魚人族そっくりではないかと感じてしまいます♪

「アクアマン」★2019年7月★

アクアマン ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]
アクアマン ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]



 最初は主人公の父でトーマス・カリーはメイン州の港町灯台守として働いているところからです。彼はある日、岸に流れ着いた女性の姿を見つけるのです。

 それはアトランティスの女王アトランナだったのです。トーマス・カリーは意識不明のアトランナを家まで運び、介抱したのです。

 アトランナは意識を取り戻すや否や水槽にいる金魚を食べてしまったのです。トーマス・カリーは犬まで食べられてしまうのかと思っては心配したが、アトランナに熱いお茶を与えたのです。

 命を助けてもらったアトランナはトーマス・カリーの家に住むことにしたのです。やがて二人は恋に落ち、子供ができたのです。

 そして息子の名をアーサーと名付け彼は人間と海底人のハーフだったのです。トーマス・カリーもアトランナもお互い別々の世界の住人であることを気にしていなかったのです。

 こうして人間として育てられた、海底王国アトランティスの末裔にして、サメをはじめ海の生物すべてを従えて戦うことができる男、アクアマンの物語は始まるのです。

 そして。地上を超える未知の文明をもったアトランティス帝国が、人類の支配を狙い侵略を始めたとき、彼が守るのは地上か、それとも海かという、王道ヒーローファンタジー映画です♪

 作品としてはジャスティスリーグに位置づけされますが、映像も綺麗で単純なストーリーだけど見応えのある作品で意外にも楽しめました♪

 様々なファンタジー映画を混ぜ合わせたような作品で、深海の神秘の美、迫力満点のアクション、笑いと涙と興奮と感動が味わえ、テンポも早い展開となっています♪

 最後は、地(陸)の世界と海底(海)の世界は一つなのだ!という、世界平和的なメッセージもあり、凄まじい戦いが繰り広げられるのに、皆不死身で、ハッピーエンド!?で気持ちがスッキリしました♪

 そして、海底王国アトランティスの海底人たちは尾田栄一郎先生のONE PIECEの魚人族そっくりではないかと感じてしまいます♪

 さて配役もすごい作品で、冒頭いきなりニコール・キッドマンが出て来るのですがヒロインもアンバー・ハードが勤め、ほかにもドルフ・ラングレン、ウィレム・デフォーなど、名優が脇を固め、壮大な映像を武器に正統派のヒーロー物語として秀逸な作品でした♪

皆不死身で、ハッピーエンドの映画とは異なる現実の世界ではこう考えてください。
映画の中でも主張されていると思います。



大切な人を失う前に気付きたい『本当に大切なもの』

ストーリー A〜B
映像 A〜B
エロ度 C
ショック度 B
(スプラッター○、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター○、謎○、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」


posted by ホラケン at 14:07| Comment(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: