ホラー映画研究: 「ジェラシック ユニバース ダーク キングダム」☆2018年10月★本作はアサイラム製作にしてはテンポが良く、恐竜のCGは意外にも頑張っているのですが、それは、あくまでアサイラム制作ということを考えたうえなので、一般的に卓越した作品ではないですね♪

2018年10月19日

「ジェラシック ユニバース ダーク キングダム」☆2018年10月★本作はアサイラム製作にしてはテンポが良く、恐竜のCGは意外にも頑張っているのですが、それは、あくまでアサイラム制作ということを考えたうえなので、一般的に卓越した作品ではないですね♪

「ジェラシック ユニバース ダーク キングダム」☆2018年10月★

ジュラシック・ユニバース ダーク・キングダム [DVD]
ジュラシック・ユニバース ダーク・キングダム [DVD]



 最初は大都市の地下に設立された“トライアシック(三畳紀)・ワールド”という研究施設です。この施設は遺伝子実験で恐竜を復活させ、人間に移植可能な臓器を生成する極秘研究所なのです。

 この研究所内で一匹の恐竜が部屋を逃げだし、施設内をうろつき、警備員が取り押さえようとしています。そんな騒ぎの研究施設に、まずブリジットという秘書がやってきます。

 そして、その後、遺伝子学者そして施設の監督官のマリサ・マルティネリ博士に招待されて研究に出資するか考えている金持ちのスティーヴン・ハーゲンが施設を訪問します。

 施設を訪れたスティーヴンは生体工学者で恐竜を実際に蘇らせ恐竜たちを子供のように思っているダイアナを紹介され、ダイアナとマリサに研究の説明を受けるとともに彼女たちの案内で施設を見学するのです。

 ところが、施設内では恐竜が隔離室から脱走し、研究所はパニックに陥っているところだったのです。そして、施設では安全装置が起動し、施設は完全封鎖されてしまいます。

 2時間後には最終処置として、施設内の生物を死滅させる猛毒ガスが噴射されることになるのです。それまでに、果たして恐竜の群れを制圧できるか?ダイアナたちは、決死の戦いを挑むのですが、どうなってしまうのかというSF・恐竜パニックムービーです♪

 本作はアルバトロス配給のアサイラム製作の作品となりますので、ご存知の方は当然のようにそれなりの作品と予想できます♪

 まず、本作は『ジュラシック・パーク』によって一般化している、恐竜を蘇らせるという大きな研究が成功している事をベースにしています。

 人を楽しませるためだけでは芸がないので、本作は恐竜の臓器は人間に移植できるという強引すぎる設定で物語が構築されています。

 主人公はそんな恐竜たちを蘇らせ、子供のように思っていて、人を殺しても助けようとするとんでもない母性を発揮します。

 施設の監察官やら金持ちの投資者が本作の悪役となっているのですが、主人公もマッドサイエンティストの仲間入りの要素がたっぷりあります♪

 当然のように主人公という大きな特権を持っているので、何があっても最後に生き残りますね♪

 本作はアサイラム製作にしてはテンポが良く、恐竜のCGは意外にも頑張っているのですが、それは、あくまでアサイラム制作ということを考えたうえなので、一般的に卓越して面白い作品ではないですね♪

ストーリー C〜B
映像 C〜B
エロ度 C 
ショック度 C
(スプラッター○、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁○、拷問×、宇宙人×、モンスター○、謎×、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」

posted by ホラケン at 15:40| Comment(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: