ホラー映画研究: 「ジオストーム」☆2018年6月★ストーリー的にはヒューマンドラマ要素も盛りだくさんで、映像的にもいろんな種類の自然災害だけでなく、宇宙でのパニックまで欲ばりすぎですが、テーマや設定は面白いので、映像美と迫力を感じるエンターテインメント映画ですね♪

2018年06月08日

「ジオストーム」☆2018年6月★ストーリー的にはヒューマンドラマ要素も盛りだくさんで、映像的にもいろんな種類の自然災害だけでなく、宇宙でのパニックまで欲ばりすぎですが、テーマや設定は面白いので、映像美と迫力を感じるエンターテインメント映画ですね♪

「ジオストーム」☆2018年6月★

ジオストーム ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
ジオストーム ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]



 最初は近未来の2019年に地球を襲った未曾有の自然災害です。その時、アメリカは17の国の協力によって構築された「ダッチボーイ」と呼ばれる人工衛星のネットワークによって世界の気象を完璧にコントロールすることに成功しました。

 そして、そのネットワーク管理を国際宇宙ステーションで行うことにより、世界は大規模な自然災害の恐怖から解放される時代となったのです。

 この人工衛星のネットワーク「ダッチボーイ」を開発したジェイク・ローソンは能力のあるスタッフたちと共に気象の監視を行っていたのです。

 そんなある日、ジェイクはアメリカ上院の査問を受けることになるのです。その査問会でダッチボーイの管理者としての資格を問われたことに怒りを覚え、なんと議長を罵倒してしまいます、

 アメリカ上院の査問会でから彼は責任を問われ理者としての資格を失ってしまうのです。

 そしてジェイクの後任となったのは彼の弟であるマックスで、このことにより兄ジェイクと弟マックスの兄弟関係は最悪のものとなってしまうのです。

 それから2年後。突如、気象コントロール衛生“ダッチボーイ”が原因不明の暴走を始め、地球が再び未曾有の自然災害“ジオストーム”に襲われる危機を迎えるのです。

 そこでダッチボーイの運営管理国のアメリカは、誤作動の原因究明のために開発者ジェイクを宇宙ステーションへ派遣させることになるのです。

 ジェイクやその仲間たちがダッチボーイの誤作動を調査するなか、ある意外な事実が明らかとなっていくのです…。

 果して地球はジーストームによる壊滅を防ぐことができるのか?そして、ダッチボーイ暴走の原因とは一体何なのか?SFパニックムービーです♪

 ストーリー的にはヒューマンドラマ要素も盛りだくさんで、映像的にもいろんな種類の自然災害だけでなく、宇宙でのパニックまで欲ばりすぎですが、テーマや設定は面白いので、映像美と迫力を感じるエンターテインメント映画ですね♪

ストーリー A〜B
映像 A〜B
エロ度 C 
ショック度 B  (スプラッター×、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター×、謎○、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」
posted by ホラケン at 17:16| Comment(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: