ホラー映画研究: 「ボーダーライン」☆2016年9月★見てる方のはらわたにズシンとくるかなり面白く感慨深い作品です♪

2016年09月14日

「ボーダーライン」☆2016年9月★見てる方のはらわたにズシンとくるかなり面白く感慨深い作品です♪

「ボーダーライン」☆2016年9月★

ボーダーライン(吹替版) -
ボーダーライン(吹替版) -

https://www.youtube.com/watch?v=gtKHoOTnxOE  ← 予告編

 最初は、メキシコ麻薬カルテルに捕らわれた人質を救出すべくアジトを襲撃したエリートFBI捜査官ケイトの部隊です。アジトとなった家に人質はいなかったのですが、その家の壁に数十人の死体が埋め込まれていたのを発見します。彼らはメキシコ麻薬カルテルの犠牲になった者たちだったのです。

 アメリカは巨大化するメキシコ麻薬カルテルに何らかの手を打とうとケイトに白羽の矢を立て、謎のコロンビア人と共にカルテルに痛手を与えるという作戦への参加を命じるのです。

 人質現場での悲惨な状況を目撃したケイトは作戦への参加を志願するのです。しかし最初はケイトに作戦の全貌は明かされず、謎のコロンビア人の支持する通りの行動を余儀なくされるのです。

 残忍な麻薬組織を相手にすることとはどういうことか?麻薬カルテルを捕えるためにどこまで踏み込めばいいのか?法無き世界で悪を征する合法的な手段はあるのだろうか?得体の知れない悪を前に、知れば知るほど深くなる闇の行く末とはいったいどんな結末にたどり着くのだろうか?

 そしてそんな闇の相手にアメリカはどんな結末を願っているのか?またベニチオ・デル・トロ演じる謎のコロンビア人の正体は何者でその目的はいったい何なのか?

 映画が始まってから終始得体のしれない不安な雰囲気に終始包まれ、メキシコ麻薬カルテルという大きすぎる闇が圧倒的な情報力や武装力で観客に伝わってきます。ですから緊張感が途切れず最後まで楽しめます。
見てる方のはらわたにズシンとくるかなり面白く感慨深い作品です♪

ストーリー B
映像 B
エロ度 C
ショック度 B(スプラッター×、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター×、謎○、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」


posted by ホラケン at 17:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速見たくなりました^^
応援しておきました。ポチッ
Posted by 矢田@医療職兼業トレーダー at 2016年09月14日 18:09
是非見てください。応援ありがとうございます。

   
Posted by ホラー研究所 at 2016年09月16日 17:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック