ホラー映画研究

2019年06月16日

「マンディ 地獄のロード・ウォリアー」★2019年5月★復讐の相手がカルト教団だったり、ヘルレイザーそっくりの不気味なバイク集団だったり、メチャメチャグロい描写が多かったりと、B級感は満載ですね♪

「マンディ 地獄のロード・ウォリアー」★2019年5月★

【メーカー特典あり】マンディ 地獄のロード・ウォリア― (オリジナルコースター付) [Blu-ray]
【メーカー特典あり】マンディ 地獄のロード・ウォリア― (オリジナルコースター付) [Blu-ray]



 1983年、レッド・ミラーは恋人のマンディ・ブルームと湖の近くのキャビンで静かに暮らしているところからです。

 得体のしれない過去を抱えるレッドは森林の伐採をし、マンディはアート製作をしながらスーパーのレジで働いていたのです。

 ある日、マンディが仕事場に向かっていると、バンに乗った複数の男たちが彼女を舐めるように見ているのです。彼らはニュー・ダウンと呼ばれるカルト集団のメンバーだったのです。

 リーダーであるジェレマイア・サンドは特にマンディのことを気に入り、メンバーの一人に彼女を誘拐してくるように命じるのです。

 すると、メンバーの一人は悪魔のバイクギャング、ブラック・スカルズと取引をして、マンディを拉致する計画を立てるのです。

 マンディとレッドはマンディが教祖に見初められたことにより地獄のマブラック・スカルズの襲撃を受け、寝室を襲撃されマンディを攫われてしまうのです。

 果して、マンディとレッドはどうなってしまうのか?という主人公が身の毛もよだつような壮絶な復讐を遂げていく姿を描く、切なくも恐ろしいスラッシャー・ムービーです。

 内容的には、サスペンスやスプラッター色が強い作品ですが、ストーリーが想像以上に淡々と静かに進むので、気をつけないと思わず眠くなってしまいそうです♪

 また、復讐の相手がカルト教団だったり、ヘルレイザーそっくりの不気味なバイク集団だったり、メチャメチャグロい描写が多かったりと、B級感は満載ですね♪


 こんな映画ばっかり見ていると、縁起が悪そうなので気を回復させるために、次の動画を見たほうがいいかもです。




ストーリー B
映像 B
エロ度 C
ショック度 B
(スプラッター○、サイコ○、オカルト×、悪魔×、殺人鬼○、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター×、謎○、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」

posted by ホラケン at 11:38| Comment(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

「ホワイト・スペース」★2019年5月★頭をポッカ〜ンとして見るには鑑賞できる映画かもしれないが、きちんと理路整然とした作品が見たい普通の人にとってはどうしようもない映画と言ってよいでしょうね♪

「ホワイト・スペース」★2019年5月★
ホワイト・スペース [DVD]
ホワイト・スペース [DVD]




 まず2132年の「天龍」=テンロンとの話からスタートします。そして次に西暦2156年に話は進み、もはや地球上の食料は枯渇したのですが、人類は地球外生命体を新たな食料源として生き延びているのです。

 「食料」を捕獲する惑星間漁船の船長リチャードは、謎の空間「ホワイトスペース」に生息する伝説のドラゴン型エイリアン「天龍」にかつて父を殺された過去を持っていました。

 彼は密かに復讐を果たすべく「天龍」を捕獲に向かしようと機会を狙っていたのでした。そして待ちに待った機会が訪れたのです。
宇宙の果てに父を殺した巨大な「天龍」が現れたのです。彼と彼の弟を乗せた惑星間漁船はその「天龍」が現れた宇宙へと向かうのです。

 しかし龍の体内に生息する寄生虫が船内に侵入し、クルーの体を乗っ取って次々と仲間たちを襲い始めるのです。

 果して、船長リチャードは「天龍」を殺し、父親の復讐を果たすことができるのでしょうか?という近未来の宇宙を舞台に、伝説のドラゴン型
エイリアンと人間たちが繰り広げる死闘を描いたSFスリラーです。

 これは最初は「天龍」=テンロンと呼ばれるエイリアンの登場する2156年まで天龍登場までテンポ良くサクサク進みますけど、その後は色々ごちゃごちゃ面倒くさいという感じです。

 突っ込みどころは満載で、例えばハイパースピードの出せる宇宙船を作って、地球外生物を捕食するって!?そんなエネルギーがあるならほかに使えと言いたくなりますね♪

 頭をポッカ〜ンとして見るには鑑賞できる映画かもしれないが、きちんと理路整然とした作品が見たい普通の人にとってはどうしようもない映画と言ってよいでしょうね♪

ストーリー C
映像 B
エロ度 C
ショック度 C
(スプラッター×、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター○、謎○、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」


posted by ホラケン at 18:03| Comment(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

「ヘルアトラクション 絶叫館」★2019年6月★主要人物らは終始自分が逃げ回るという自分のことしか考えておらず、芥川龍之介の「クモの糸」のような場面の連続なのですね♪

「ヘルアトラクション 絶叫館」★2019年6月★

ヘルアトラクション 絶叫館 [DVD]
ヘルアトラクション 絶叫館 [DVD]



 最初は、トラックを運転する親父の前方に現れ、助けを求める血だらけの女の子です。彼女はみんな死んじゃったと訴えるのですが、外から追ってきた奴にトラックの窓ガラスを割られるのです。

 トラックを運転する親父は急いでトラックを発信させその場を離れます。そして、その女の子が目隠しをされ、医者の元で目覚めるところにつながります。

 そして彼女は医者に答え、ケンタッキー州へダブル・デートでやってきたところから語りだします。彼らはキャンプ場へ向かう途中、トイレ休憩でさびれたガソリンスタンドに立ち寄ります。

 するとそこの店主に、「この近くに幽霊屋敷のアトラクションがあるテーマパークがある。」と言われ、そこへ向かへと言われるのです。
急ぐ旅でもない彼らは、そこに寄ろうと計画を変更するのです。しかし、目的の幽霊屋敷に着くとものすごい行列だったのです。

 途方にくれていた彼らの元へ、地元の親父が近づいて「俺が持ってるスピードパスを使えば、行列の先頭に行けるよ。」と言ってきたのです。

 その親父の後を付いて行くと、すぐに幽霊屋敷に入ることができたのです。そしてその幽霊屋敷では、かなりリアルな拷問アトラクションがやっているのです。

 見学者たちは『ナニコレ?こわーい』とか『まじリアルじゃね?』とか言いながら見て回っていたら、スタッフの豚マスクつけた殺人鬼登場して彼らは見学者から犠牲者に変えられてしまうのです。

 果して彼らはどうなってしまうのか?という体験型のおばけ屋敷で有名なTalon Follsを訪れた4人が拉致られて同じ目に合わされると言うスプラッター・ホラーです。

 内容的には、その殺しの場面をビデオ撮影してそれを売り流してる所はホステルに近いですね。しかし形勢逆転のような展開が一切ないのです。

 その理由としては特に主要人物らは終始自分が逃げ回るという自分のことしか考えていないのです。芥川龍之介の「クモの糸」のような場面の連続なのですね♪

 ですから、客の犠牲者たちに感情移入できないという感想は当然なのです。製作者はいまの利己的な風潮を皮肉って作っている作品ですね♪

 実はこのTalon Follsってテーマパークは実際にアメリカにある脱出ゲームものテーマパークでそれを元に作られてそうですね♪

ストーリー A〜B
映像 A〜B
エロ度 C
ショック度 A〜B
(スプラッター○、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼○、蟲×、監禁○、拷問○、宇宙人×、モンスター×、謎○、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」
posted by ホラケン at 14:27| Comment(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

「バトル・ドローン」☆2019年5月★アクションシーンは迫力があってとても楽しめ、ストーリー的にもキャラクター1人1人が個性的で良かったです!

「バトル・ドローン」☆2019年5月★

バトル・ドローン [DVD]
バトル・ドローン [DVD]



 元海兵隊員のヴィンセントは、粗暴な面々が集った傭兵(ようへい)部隊を率いて不可能と思える数々のミッションを成功させているのです。

 そして今回の彼らの最初のミッションは、ロシアのモスクワを訪問中のアルカサル共和国の次期統治者を捕らえるという任務でしたが、それを見事に遂行するのです。

 その任務の後、彼らは武器商人カールに依頼され、CIAと協力し、ある武器を回収しアルカサル共和国の反体制軍にその武器を流すという極秘任務のため、旧チェルノブイリ原子力発電所に赴くのです。

 彼ら6人の傭兵と6人のCIAが現地へ向かい、それぞれペアとなり任務を遂行しようとするのです。しかし、そこで待ち受けていたのは、最強のロボ"ドローン"だったのです。

 果して彼らは"ドローン"に対抗することができるのだろうか?という最強傭兵部隊と最強殺人マシンのバトルが展開するSFアクションです♪

 アクションシーンは迫力があってとても楽しめ、ストーリー的にもキャラクター1人1人が個性的で良かったです!特に傭兵シロウが格好良く渋いおじ様で、隠密行動もイケます!

 口が達者なチビ親父は、拷問が大好きだし、紅一点のヴァルは絶対外さないスナイパーで目立っています!その他もそれぞれ格好良くて動きも良く、スタイリッシュなアクションは素敵です♪

  また主人公たちがさまざまな人生観の持ち主で、冒頭でも手あたり次第に人を殺しているので、ナイーブな人には抵抗感があるでしょうが、毒を持って毒を制する的な内容は爽快ですね♪

ストーリー B
映像 B
エロ度 C 
ショック度 B
(スプラッター○、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター×、謎○、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」


posted by ホラケン at 10:56| Comment(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

「フレディ/エディ」★2019年5月★果たして「エディ」は実在するのか・・・?そして事件の本当の犯人は誰なのかという世界各国の映画祭にて称賛されたドイツ発のサスペンスです♪

「フレディ/エディ」★2019年5月★




 最初は画家のフレディが妻と妻の浮気相手に暴力を振るったとされ、息子の親権を剥奪されてしまうところからです。

 事件後から、幼少期の頃によく見たもうひとりの自分「エディ」が再び姿を現すようになるのです。「エディ」はフレディを助けるために現れたと説明するのです。

 フレディは事件のせいで、信用と名声は失墜してしまうのですが、「エディ」が現れ暴力で強引に助けようとするのです。

 そしてどん底まで落ちたフレディが近所に引っ越してきた親子と仲良くなり落ち着いた生活を歩み始めたとき、また「エディ」が現れフレディの幸せを邪魔しようとするのです。

 そんな時、フレディは弟より幼い頃に亡くなった双子の兄弟がいたことを聞かされるのです。そしてなぜか双子の兄弟がいた事実を知った時からエディの行動は次第に過激になっていくのです。

 そして幻覚と思っていたエディの行動は次第にエスカレートしていき、ついには家族や親子に危害を加え始めるのです。

 果たして「エディ」は実在するのか・・・?そして事件の本当の犯人は誰なのかという世界各国の映画祭にて称賛されたドイツ発のサスペンスです♪

ストーリー B
映像 B
エロ度 C
ショック度 B
(スプラッター○、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼○、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター×、謎○、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」


posted by ホラケン at 12:09| Comment(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする