ホラー映画研究

2019年02月28日

「ザ・プレデター」☆2019年1月★想像していたプレデター像と少し違ったのですが、作品としては見やすいし分かりやすかったです♪

ザ・プレデター (2枚組)[4K ULTRA HD + 2Dブルーレイ] [Blu-ray]
ザ・プレデター (2枚組)[4K ULTRA HD + 2Dブルーレイ] [Blu-ray]



 最初は、銀河で逃げるプレデターと追うプレデターのシーンで物語は始まります。

 逃げるプレデターはワープしたのですが、一部故障し宇宙船が墜落してきた場所に偶然居合わせた主人公マッケンナがプレデター・1号に襲われます。

 マッケンナは仲間を殺されつつも、偶然手に入れたプレデターのガントレットでこれを撃退するのです。そして証拠品としてプレデターのマスクとガントレットを回収するのです。

 このとき負傷したプレデター・1号は、政府の極秘機関「スターゲイザー」に捕獲されるのです。

 クインは身の危険を感じ、帰国するにあたり、荷物を私書箱あてに、透明になれる球体は酒と一緒に飲み込んで隠すのです。

 しかし帰国すると案の定当局に捕縛され、政府の機密(プレデター)に触れてしまったため、存在ごと隠蔽してしまおうと、仲間殺しの汚名を着せられて護送車に乗せられてしまいます。

 荷物は私書箱でなく自宅に届いてしまい、息子のローリーがこれを開けてしまいます。

 ローリーは発達障害を抱える天才児で、ガントレットをいじっているうちに、プレデター・1号を追ってきたプレデター・2号に居場所がバレてしまいます。

 一方、「スターゲイザー」に招聘された生物学者のケイシー博士ですが、捕獲されたプレデター・1号を調べると、人間のDNAが見つかります。

 「スターゲイザー」は、プレデターたちが、気候変化などで人間が滅亡してしまう前に人間を保存し、優秀な遺伝子を取り入れ、最終的には地球に移住しようと考えているという仮説を立てていたのです。

 このように宇宙から再びやって来たプレデター・2号と、更に遺伝子レベルから進化した新しいプレデター・1号が地上で激突するのです。

 果して、人間VSプレデター・1号VSプレデター・2号の三つ巴の戦いははたしてどんな決着を見るのだろうかという地球外生命体プレデターと人類の攻防を描いたSFアクション大作です♪。

 結構、疑問は尽きないのですが、もっとも不思議なのは、プレデター・1号がなぜ命をかけて人間のために対プレデター兵器を持ってくる必要があったのかです。

 なぜなら、冒頭の戦闘ではマッケンナの仲間たちをぶっ殺して木に吊るし、スターゲイザー基地では研究員たちを片端から数多くぶっ殺してるんですよ♪

 守りたいのか狩りたいのかどっちなんでしょうか?

 次に、生物学者で女性のケイシーがなんであんなに強いのかも全くの謎ですね♪

 なにかと言ったら銃を拾って撃ちまくるケイシーはクライマックスでも肉弾戦で大活躍します。

 それから、プレデター犬の生き残りのほう、車に閉じ込めてあのあとどうしたんでしょうね?最後まで放置されてた気がしますが・・・・

 想像していたプレデター像と少し違ったのですが、作品としては見やすいし分かりやすかったです♪

ストーリー A〜B
映像 A〜B
エロ度 C 
ショック度 B
(スプラッター○、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人○、モンスター○、謎○、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」
posted by ホラケン at 15:15| Comment(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

「リグレッション☆2019月年2月★全体的には良くできていて悪くはなかったと思いますが、評価が低いのかは、こてこてのエクソシスト的ホラーを期待すると、ミステリーとして解決してしまうので期待外れ感があるのでしょう♪

「リグレッション☆2019月年2月★

リグレッション[DVD]
リグレッション[DVD]



 発端は、1990年ミネソタのとある町で、ある少女から「父親から虐待された」という告発があったところからです。

 そこで刑事のブルース・ケナーは、父親の虐待を告発した少女アンジェラの事件を取り調べることになるのです。

 しかし彼が事情聴取を行うと、当のアンジェラも訴えられた父親も、その事件の記憶がどこか曖昧だったのです。

 そこでケナーは著名な心理学者に協力を仰いで「記憶の退行療法」という療法を用い真相究明を進めていこうとするのです。

 真相究明を進めるケナーは、アンジェラたちの記憶をたどっていくうちに、事件が単なる家庭内暴力ではないことに気づき、町の各所で起こっているほかの事件との関連を調べ始めるのです。

 
 やがてケナーは、町に秘められた恐ろしい闇に迫っていくことになるのです。物語としては、悪魔崇拝と人間の深層心理を上手く描いた映画ホラーのように見られるのですが、ジャンルとしてはミステリーですね♪

 全体的には良くできていて悪くはなかったと思いますが、評価が低いのかは、こてこてのエクソシスト的ホラーを期待すると、ミステリーとして解決してしまうので期待外れ感があるのでしょう♪

ストーリー B
映像 A〜B
エロ度 B 
ショック度 B
(スプラッター×、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター×、謎○、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」

posted by ホラケン at 17:46| Comment(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

「エラ 連続殺人鬼」★2019年1月★ストーリーだけを見ると低刺激で面白くはないのですが、そういった根本の部分以外に面白さがある映画でしたね♪

「エラ 連続殺人鬼」★2019年1月★

エラ 連続殺人鬼 [DVD]
エラ 連続殺人鬼 [DVD]



 最初は小さな田舎街に住むエラの家にパトカーが向かっているところからです。主人公エラは処女ですが人衝動で変態達を17人殺していった罪で警察に逮捕されるのです。

 そして彼女がこうなったのは、心理学の授業で出された型破りな課題‘性的な規範を破った社会の反応’に対し、色気が足りない自分に劣等感を抱きながらも、その答えを導こうとするところの発端から描いていきます。

 そんなエラに蘇る記憶、心の奥底に潜む血への執着、血を見て匂いを嗅ぎ触りたいという衝動を解き放てる時がきたとおもったエラは、ストリップクラブへ向かうのです。

 そして手始めにオーナーのサルの首をかっ切ることで、言いようのないエクスタシーを感じてしまうのです。

 その後は歯止めが利かず血に飢えたエラは、次なるターゲットとして隣人のジェラルドに近づくのですが、彼女は果してどうなってしまうのか?という

 本作は殺人鬼物ですがスプラッター要素はなくその辺を期待すると肩すかし食らうかもしれません♪

 主人公の心情や殺人衝動は父親が殺人鬼でその遺伝子を娘が継ぐと言うネタやそこから来る殺人衝動も面白みがありますね♪

 また殺人の快感から何度も人殺しを繰り返す、いわゆるシリアルキラーが主人公の映画ですが、主人公が人殺しをするたびに垢抜けていくところなどの成長物語的な要素は面白いですね♪

 そんな感じで殺人鬼物としては低刺激でジャンルはコメディではなく、基本まじめなストーリーなのですが、コメディに見えてしまう瞬間が多いのです♪

 そんなわけでストーリーだけを見ると低刺激で面白くはないのですが、そういった根本の部分以外に面白さがある映画でしたね♪

ストーリー B
映像 B
エロ度 C
ショック度 B
(スプラッター○、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼○、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター×、謎○、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」

posted by ホラケン at 11:45| Comment(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

「ゾンビレックス ジェラシック・デッド 」★2019年1月★なんか画像もおかしいし、昔のサンダーバードという人形劇みたいな感じで、おかしいのは受けるけど、まじめなファンにはバカにしているとしか思えない作品です♪

「ゾンビレックス ジェラシック・デッド 」★2019年1月★

ゾンビ・レックス ~ジュラシック・デッド~ [DVD]
ゾンビ・レックス ~ジュラシック・デッド~ [DVD]




 最初はマッドな科学者が死体を生き返らせるクスリを開発して恐竜を生き返らせちゃうというところからはじまるのです。

 そして本編はなんだかよくわかりませんが、隕石の衝突により電磁パルスの攻撃を受け、すべての電子機器が不能になったアメリカが舞台だそうです。

 そして、地球を救う任務を帯びた国民軍チームが若者グループが、砂漠の真ん中を通る道路で一緒になるところです。

 その砂漠の真ん中で立ち往生しながらも、それぞれ行動し近くのある秘密の施設に辿り着くのです。果して地球はどうなってしまうのかという国民軍チームがマッド・サイエンティストが生み出した殺しても蘇るゾンビ恐竜と戦うというSFアクション作品です。

 全てがチープで、見せ場の恐竜ゾンビの見応えもなく、恐竜の最たるT-REXを出しながらも、小型恐竜程度でゾンビ感は皆無ですね。

 映画像的にはとても雑すぎ、そしてストーリー的には、何が言いたいのか不明ですね。エンディングに至っては噛まれてもいない3人がゾンビになっていて、しかも和気あいあいになっており、どういう意図があるのかわかりません。

 しかも車の上にゾンビレックスの首だけウーウーイッテイテ、エサはその打ち上げるよと車のゾンビが言うって、これは次回に続くのかそれともジョークとしてのエンディングなのか不明ですね。

 恐竜もしょっぱなからどこにいたのか謎ですね。そもそも話のつながりが説明不足もいいところでよくわかりませんね。

 なんか画像もおかしいし、昔のサンダーバードという人形劇みたいな感じで、おかしいのは受けるけど、まじめなファンにはバカにしているとしか思えない作品です♪

ストーリー D〜C
映像 D〜C
エロ度 D〜C
ショック度 D〜C
(スプラッター○、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター○、謎○、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」



posted by ホラケン at 15:57| Comment(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

「レイス」☆2019年1月★一瞬たりとも心拍数が上がることがなかったほど怖くない作品で。全然怖くないという酷評もあながちむりのないお話です♪

「レイス」☆2019年1月★

レイス(字幕版)
レイス(字幕版)



 最初は古い家に暮らすルーケンズ一家のお母さんケイティは、妊娠が判明し困惑するところからです。

 夫デニスの仕事が上手くいっておらず、自分の原稿も売れる保証はないため、経済的に不安なので家を売りに出そうとしていたのです。

 そんな時、ケイティも霊の気配を感じ、自ら邸宅の調査に乗り出すのです。すると、この家には少女の霊が出る」と言われていることがわかるのです

 すると10代の一人娘ルーシーの周囲で超常現象が起こるようになりのです。一家は家の中で「何か」の気配を感じ始めるのです。

 それは家族を恐怖に陥れる存在なのか。それともいったい何なのだろうか?という全米を震撼させた恐怖実話を映像化した悪魔払いホラーです♪

 最初、家族の間に微確実に漂い始める不協和音の大元にあるのは父親の仕事がうまくいかないことによる貧困なんですけど、そこに母親の妊娠が発覚することで大きく家族の心が乱れ始めるのです。

 経済的な理由で出費を抑えるために引越しも計画しているこの家族にとって、もうひとり子どもを育てることは大きな重荷となってしまうのです。

 そんな家族を襲う超常現象とはというストーリーですが、消したはずのテレビが勝手につくという演出、ゆっくりと開く誰もいない部屋のドアや全て吹き消されたバースデーケーキのロウソクが1本だけ灯るなどの怪異はとっても地味です♪

 そんなスト−リーなので、一瞬たりとも心拍数が上がることがなかったほど怖くない作品で。全然怖くないという酷評もあながちむりのないお話です♪

ストーリー B
映像 B
エロ度 C 
ショック度 B
(スプラッター×、サイコ×、オカルト○、悪魔○、殺人鬼×、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター×、謎○、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」
posted by ホラケン at 17:57| Comment(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする