ホラー映画研究

2018年05月29日

「ザ・ボディガード」☆2018年5月★人物設定やストーリーにさほど目新しさは感じられないけれど、場面転換もスピーディで、哀しさと強さと情を感じ、ハラハラドキドキと最初から最後まで楽しめました♪

「ザ・ボディガード」☆2018年5月★

ザ・ボディガード [DVD]
ザ・ボディガード [DVD]



 最初はある晩、豪邸で暮らすある一家の両親とメイドが殺し屋に暗殺されるところからです。そして別の凄腕の殺し屋ルーカスも、マフィアのボス・リチャードから娘の女子高生エラの殺害を依頼されるのです。

 殺し屋稼業から足を洗い静かな生活を望むルーカスですが、依頼を断れば妻と娘の命はないと脅されるのです。

 ルーカスはエラを見つけ出すが、彼女を殺すことができずに、あろうことかリチャードの派遣した殺し屋を射殺し、彼女を助けてしまうのです。

 ルーカスはエラを守り逃避行を続けるのですが、命の危険を感じたリチャードに懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋に命を狙われることになるのです。

 果してルーカスとエラはどうなってしまうのか?というサスペンスアクションです。

 序盤は何者なのか判らず、ただ狙われた少女と助ける男というところから徐々に、立場と理由と心情がみえてくるストーリー展開で、犯罪組織の強大さや恐ろしさの描写はあまりなく、あくまでも主人公達の状況を最低限説明するという感じです♪

 人物設定やストーリーにさほど目新しさは感じられないけれど、場面転換もスピーディで、哀しさと強さと情を感じ、ハラハラドキドキと最初から最後まで楽しめました♪
 
ストーリー B
映像 B
エロ度 C 
ショック度 B  (スプラッター×、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター×、謎○、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」

posted by ホラケン at 18:01| Comment(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森友問題の真実とそこにうごめく怪しい奴ら♪

まず、籠池夫妻が釈放になったことについての立花区議の感想とこれからの行方です。




籠池ご夫婦の会見を見た感想と森友問題について

そして、この立花区議の腹心の部下の大橋昌信朝霞市議なども標的にされているようです。

だれが彼らを標的にしているのかについても、他の人が次の次の動画で指摘しています。

それから、この問題についてわかりやすく解説していると思われる他の人の解説です。

これは、森友問題で立花区議が主張している内容とほとんど同様の真相です。




彼も森友問題でいろいろ電話で突撃して真相を究明しようとしているようです。
そして、森友問題でうごめく怪しい奴らに彼も怒っています。





「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」

posted by ホラケン at 15:25| Comment(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

「日大アメフト部の問題と日大の暗部」♪日大アメフト問題の”黒幕”がヤバ過ぎて洒落になってない♪

 いままで「頭まで筋肉の監督・コーチ等のバカさ加減と愚かさですが、さすがにここにきて監督コーチ供自分のしたことの重大さに気が付いたのでしょう。ですから、法律に詳しい賢い関係者に相談したのだと思います。そこで、アドバイザーが提案したのでしょう。とにかく、やったことを認めると、素直に白状しても懲役刑は免れなういし、もしかして羅執行猶予もつかないかもしれないぐらい重いことなんだよ。」
と解説して、どうやら監督・コーチ等は法律に触れると知らないで、仕組んだと思って解説しましたが、法律に触れ傷害になることも全部わかっていて実行してきた疑いもあるのです。

 それは、ユーチューブのこの動画で解説してありますし、結構この動画を作成するにあったっては、いろいろ調べているようです。

 もし、このことが事実で、いま、まさに日本の司法制度の甘い点、起訴猶予あるいは不起訴処分になるように持っていこうとしているなら、より悪質というほかないです。



↑ 日大アメフト問題の”黒幕”がヤバ過ぎて洒落になってない…「闇深すぎだろ。こんな大人の都合で、将来のある若者の未来がつぶされたのか…」・・・

 そして、もう一つ彼らが狡猾なことは、世論の憎しみの分割かをも狙っているということです。世論というのは、匿名性に隠された無責任の善意であり、憎しみの対象に焦点が合わされるものです。

 ですから、憎しみの対象が増えれば増えるほど世論の対象が分割し、本当の標的から対象がそれていくのです。

 今回の本当の標的は日大の組織そのものなのですが、釈明会見で危機管理アドバイザーが司会者となり、上から目線で仕切り世論の憎むべき対象の一つとなり、世論をそらしている点です。

 さて、今後日大の組織がどうなっていくのか見ものですね♪


「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」
posted by ホラケン at 17:44| Comment(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「リベンジャー 執行人」☆2018年5月★物語としては、それなりに面白かったとは思いますが、あくまでB級の範疇ということで、内容はすぐに忘れそうです♪

「リベンジャー 執行人」☆2018年5月★



 最初は、麻薬捜査班の刑事フランク・ベリアが、捕まえた犯人が弁護士を使って無罪を勝ち取ると主張したことに、警察の限界を感じ射殺するところからです。

 彼は逮捕時に犯人を射殺したため。6年の懲役刑を受け、警察を止め、正義の名のもとに犯罪者を処刑する裏稼業(まるで必殺仕事人)をしながら暮らしていくのです。

 そんなある日、彼の元にカミーユと名乗る若い美人の女が現れるのです。彼女は1年前に消えた妹パトリシアについて調べてほしいと仕事を依頼するのです。

 パトリシアは暗黒街を牛耳る強大な麻薬王一味のバンドー兄弟の弟・エリック・バンドーの恋人だったというのです。
しかしパトリシアはエリックとけんかし、最期にはエリックにおびえていたというのです。

 この依頼を受けることは、無情で危険な一味との過酷な戦争に突入することを意味し、帰り道はないことをフランクは知っていたのです。

 用心しつつも依頼を承諾したフランクは、暗黒街を牛耳る強大な麻薬王一味のバンドー兄弟と対決することになるのです。

 果して、フランクはパトリシアの消息を突き止め、強大な麻薬王一味のバンドー兄弟を仕留めることができるのか?というクライム・サスペンスです。

 主人公が思ったよりも弱いのは気になりました。殺される人たちもいますが、カミーユとの絡みはほとんどなくあっさりしています。

 硫酸をかけて殺すとか痛そうで残酷だけど、物語の全体を通しては果てしなく地味なつくりです♪

 物語としては、それなりに面白かったとは思いますが、あくまでB級の範疇ということで、内容はすぐに忘れそうです♪

ストーリー B
映像 B
エロ度 C 
ショック度 B  (スプラッター×、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター×、謎○、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」


posted by ホラケン at 17:22| Comment(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

「レンデル」☆2018年5月★強いのか、弱いのかよくわからないのですが、漆黒のマスクとコスチュームデザインが悲しみを抱えた孤高な雰囲気でとても渋かったです♪♪

「レンデル」☆2018年5月★

RENDEL レンデル [DVD]
RENDEL レンデル [DVD]



 最初は多くの国民が失業にあえぐ近未来のフィンランドが舞台です。罪のない多くの子供たちを人体実験に使い、激しい反発を受ける“NH25ワクチン”で巨額の利益を貪ろうとするこの企業“VALAケミカル社”の実態は、実は裏社会で暗躍する巨大犯罪組織なのです。

 そんな巨大犯罪組織世界的企業である “VALAケミカル社”に逆らった主人公ラモは、その圧力により会社を首になってしまいます。

 そんなラモは愛する妻と娘のため、“VALAケミカル社”に身を投じることにあります。

 そしてVALAケミカル社”の資料を整理していた彼はVALAの動きを不審に感じ、ある機密資料を盗み出すのです。

 そして彼はその報復として愛する妻と幼いひとり娘を殺されてしまうのです。VALAを壊滅させるべく謎の女に導かれるまま、ラモは復讐を誓い、漆黒のマスクとコスチュームを身に纏った暗黒のヒーロー‘レンデル’として立ち上がるというフィンランド初のダークヒーロー・クライムアクションです♪

 漆黒のコスチュームとマスクを身に着け、最愛の家族を自分から奪った巨大企業に報復する主人公の姿を描いたフィンランド発のダークヒーロー作品です♪

 時間軸の違う現在の敵討ちの戦いと、何故ダークヒーローになったのか?という二つのストーリーを交錯させて見せる作りとなっています。
マーベルヒーローに比べて予算が少ないせいで派手さはないもののリアルな格闘描写が主体となる見応えあるアクションシーンが満載の作品でした♪

 強いのか、弱いのかよくわからないのですが、漆黒のマスクとコスチュームデザインが悲しみを抱えた孤高な雰囲気でとても渋かったです♪

ストーリー B
映像 B
エロ度 B 
ショック度 B  (スプラッター×、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター×、謎○、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」

posted by ホラケン at 15:53| Comment(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする