ホラー映画研究

2017年07月31日

「哭声 コクソン」ネタバレ解釈☆2017年7月★思いっきりネタバレとなりますので、「哭声 コクソン」未見の方は見ないでください♪

「哭声 コクソン」ネタバレ解釈☆2017年7月★



 この映画は長いうえにそれぞれの場面にちょっとした説明が必要と思うので、わかる部分は自分なりに解説したいと思いますので、これを読んでじからもう一度じっくり見てください。思いっきりネタバレとなりますので、「哭声 コクソン」未見の方は見ないでください。

 まず、話の要旨は「神と悪魔が人間を試す」系のお話なんだとは思います。神は(謎の女)で悪魔(謎の日本人)、悪魔の信奉者(祈祷師)による“人間を試す”戦いだったみたいです。

 悪魔は人間界に災いをもたらすものだということですが、それぞれの現象と原因を考えてみたいと思います。
 ソウルに車で行こうとした祈祷師が大量の鳥の糞のために引き返すのは、悪魔にダメージをあたえたしかえしの呪いではないでしょうか?勘違いで信奉する悪魔に祈祷を行った呪いなのではないでしょか?

 犠牲者の家をうろついていた時、山の神にあって血とゲロを吐かせられ、自分が「殺」をかけた相手が悪魔だったと悟り、出かける前に、おもいきり慌てふためき、許しを乞うたことからわかります。

 祈祷師の「殺」は有効だったのでは?悪魔は呪詛返しをしているわけではなく、犠牲者を使ってゾンビ製造を試みていたのでは?祈祷師の「殺」はジョングの娘にも効き、悪魔にもダメージを与えたのではないでしょうか?

 祈祷師は悪魔にダメージを与えた痛手を補おうと、ジョングに「術をかけ間違えた、女が原因だったんだ!」と電話をかけたのは、ジョングを家に帰らせて、女の悪魔に対する罠を無効にするための嘘?

 祈祷師は悪魔の存在はわかっていたが、まさか(謎の日本人)が悪魔とは思っていず、日本からの祈祷師と勘違いしていたのではないでしょうか?

 この祈祷師とは、その言動は「今までのなかでも超ヤバイ悪霊っすね。でも、俺退治できるから。金さえあればね。まかせろって。」と帰途を始めます。

 そして祈祷は途中で終わってから、謎の女に出会って、血とゲロを吐かせられ、こいつが悪魔を邪魔していると気づき、「あっ、やべぇ、間違って別の奴、殺しちゃった。あ、やっぱりこの女が犯人っすわ。絶対。今度は正しいっすよ」っていう聖職者らしからぬテキトーさを持った男だったのでは?

 悪魔は不死身で死なないので、山の神といえども追い払うことしかできないのではないでしょうか?ジョングの娘の祈祷から祈祷師は悪魔を滅すことはできず、ダメージを与えることはできますが、憑依されている人の無事までは確保できないのではないでしょうか?

 こんな自分なりの解釈を付けましたが、このそれぞれの立場を踏まえて鑑賞するとまた違った味わいができるのではないでしょうか?


「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」

posted by ホラケン at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

「哭声 コクソン」☆2017年7月★韓国映画お得意の鬼気迫るサイコスリラーやサイコミステリーではなくオカルトホラーで、長い時間ハラハラドキドキと満足させてくれました♪

「哭声 コクソン」☆2017年7月★

哭声 [DVD] -
哭声 [DVD] -



 最初は韓国の静かな山間部の村で「谷城(コクソン)」というところで、謎の日本人が釣り針に餌をつけて釣りをするシーンから始まります。

 そして、激しい雨が降る早朝、村の警察官のジョングは電話で起こされます。それは殺人事件の現場からの呼び出しだったのですが、すぐに出かけようとする彼に、母親が朝食を食べさせた後送り出すのです。

 彼が、事件現場に着くとこれまで見たこともない異様な光景が広がっていました。血だらけの中、惨殺された農家の嫁の遺体のそばに正気を失った容疑者が放心したように束縛されています。

 彼は血まみれで皮膚は湿疹でただれています。警察の鑑定の結果がのちに判明するのですが、容疑者の体内から毒キノコの成分が検出され、殺戮の原因は毒キノコによる幻覚作用かと思われました。

 しかし、ジョングに同僚が村の”噂話”をはじめました。それは最近、山奥に住みついたよそ者の日本人の謎の男についての噂です。裸姿の謎の男が鹿の生肉をむさぼり食い、その目が赤く光っていたのを鹿狩りの猟師が目撃したというのです。

 その直後、またしても村で一家惨殺事件が発生してしまいます。今度は火事で焼け跡からは複数の遺体が発見されるのです。容疑者の女は錯乱状態で話が聴ける状況ではありません。そして、皮膚にはやはり湿疹が現れていたのです。

 果して、この自然豊かな静かな農村にいったい何が起こっているのか?その原因は何なのか?
『コクソン/哭声』というタイトルは「泣き叫ぶ」という意味と実在する村の名前を掛けて付けたそうです。

 猟奇殺人ものか?と思ったら、憑依オカルトものか?ってなったら、ゾンビ感染ものか?って「ジャンルすらよくわからなくなって混沌としてくる」感じが最高でした。

 韓国映画お得意の鬼気迫るサイコスリラーやサイコミステリーではなくオカルトホラーで、長い時間ハラハラドキドキと満足させてくれました♪

ストーリー B 
映像 B 
エロ度 C 
ショック度 B (スプラッター○、サイコ×、オカルト○、悪魔○、殺人鬼○、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター×、謎×、アクション○、ゾンビ○、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」
posted by ホラケン at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

「インディペンデンスデイ 2017」☆2017年7月★本家ほどスケールは大きくないけど、このシリーズはそれなりのストーリー展開でCGとか盛り沢山でまあまあ暇つぶしにはなります♪

「インディペンデンス・デイ2017」☆2017年7月★



最初は西暦20XX年の近未来、地球は鉱物資源を狙う謎の侵略者に支配されています。廃墟と化したロサンゼルスでレジスタンスとして生き残った人々が主人公という問答模様の設定から本編に突入します。

 そこでは上空に巨大UFOが浮かび、哨戒するドローンが人間を片端から殺してゆく世界で組織化したレジスタンスとそのレジスタンスに反対する暴徒の集団が共通の敵である侵略者がいるにもかかわらず小競り合いを続けているという設定です。

 そして、主人公イライアスは、レジスタンス兵士として侵略者に立ち向かっていました。これらレジスタンスや暴徒の集団とは別に侵略者に立ち向かう有力な軍事組織“ホーネットがあるのです。

 このような複雑な抵抗勢力ですが、主人公たちは人類の“独立”を勝ち取ることができるのだろうか?というSFサスペンスです。

 本家ほどスケールは大きくないけど、このシリーズはそれなりのストーリー展開でCGとか盛り沢山でまあまあ暇つぶしにはなります。SF・UFO好きの方は見て損はないでしょう。

ストーリー C 
映像 C 
エロ度 C 
ショック度 C (スプラッター×、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人○、モンスター×、謎×、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪
posted by ホラケン at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

「ライブ・ランナー」☆2017年7月★このゲームの制約がアバウトでよくわかりません。でも、ドキドキハラハラ最後まで楽しめました。

「ライブ・ランナー」☆2017年7月★

ライブ・ランナー [DVD] -
ライブ・ランナー [DVD] -



 最初は、中東などからの移民対策で苦慮しているヨーロッパで、ドイツは移民を受け入れてきたが、ドイツにおいても移民から住民を守るとともに国民の不満を解消すべく、独政府主催の殺人ゲームを主宰することとなったという説明からです。

 そのゲームとは、移民志願者へもし移住してきたかったら、有名なTVショウ“イミグレーション・ゲーム”(移民ゲーム)に参加して勝利しなければならないというのです。

 ドイツへの移民志願者はリアルゲームの中で「ランナー」となり、凶悪な覆面殺人者たち「通称ハンター」攻撃から逃れ、ベルリンのテレビ塔まで行きつけなければならないというのです。

 ある夜、主人公ジョーは車で帰宅途中にハンターに追われた傷ついた一人のランナーを助けるのです。助けたランナーを車でテレビ塔の傍まで送っていったとき、数人の若いハンターに追いつかれ争いになるのです。

 傷ついたランナーをかばい諫めるジョーに対して、ハンターの1人が勝負を挑むのです。ジョーはそのハンターをノックアウトするのですが、彼は運悪く死んでしまうのです。

 現場に駆け付けた警官により逮捕され、連れていかれた警察署で弁護士から次のように告げられるのです。
それは、殺人罪で罪を認め刑に服すか、ランナーとなりベルリンのテレビ塔まで行きつくか、どちらかを選択しなければならないとうのです。

 ジョーは殺人罪で何十年も刑に服するよりもランナーとしての道を選択するのです。
 はたして、ジョーの運命はどうなってしまうのでしょうか?というサバイバルスリラーです。

 なんという、無茶苦茶な設定なのでしょうか?ヨーロッパの難民問題はこれほど深刻なのはわかりますが、このゲームの制約がアバウトでよくわかりません。でも、ドキドキハラハラ最後まで楽しめました。

ストーリー B 
映像 B 
エロ度 C 
ショック度 B (スプラッター×、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター×、謎×、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」
posted by ホラケン at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

「フライト・クルー」☆2017年7月★ハラハラドキドキはもちろん胸も熱くする映画です♪

「フライト・クルー」☆2017年7月★

フライト・クルー [DVD] -
フライト・クルー [DVD] -



最初は、ロシアの空軍パイロットとして働くアレクセイはある日物資を届ける任務に就きます。物資は地震被災地への救援物資でしたが、軍の上官がやってきてある有力者への結婚式のプレゼントとして新車を運ぶ指令を受けます。

 副操縦士のアレクセイは仕方なく命令に従い車を詰め込みますが、輸送機は重量オーバーで出発しなければなりませんでした。

 途中、輸送機は嵐に遭遇し、嵐を切り抜けるためには、機体を軽くする必要が生じたのでした。救援物資を捨てろという軍の上官の命令を聞かずに、プレゼント用の新車を廃棄したために、軍を解雇されてしまうのです。

 やむなく民間の航空会社に転職を試みるのです。アレクセイが転職先に選んだ航空会社で試験官として厳格なベテラン操縦士のジェンチェンコに出会うのです。

 また採用試験の後、空港で若く美しい女性操縦士と巡り合い彼は恋に落ちるのです。またベテラン操縦士のジェンチェンコも私生活では若い息子の教育に手を焼いていたのです。

 物語はアレクセイの人間としての信念を描き、女性パイロットの女性ならではの苦労そしてアレクセイとの恋愛模様も描きます。

 またベテラン基調としてのジンチェンコの私生活での息子への接し方などが描か荒れていきます。
そしてある日、彼らが操縦する航空機に、洋上の火山島から避難通報が入り、被災した人々の救助へと向かうのです。

 そこでは大噴火が起こり、空港はパニックに陥り、火山の溶岩流が徐々に滑走路に押し寄せ、次々と航空機を飲み込んでいくのです。

 そんな生死のかかった困難な状況で、登場人物たち行動によってその生き方の価値が問われるとともに、生死も分かれるのです。

 2016年に本国ロシアで大ヒットを記録したスカイパニックの注目作でもあり、ハラハラドキドキはもちろん胸も熱くする映画です♪

ストーリー B 
映像 B 
エロ度 C 
ショック度 B (スプラッター×、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター×、謎×、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」

posted by ホラケン at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする