ホラー映画研究

2017年03月30日

「KARATE KILL」☆2017年3月★B級感は否めませんが、B級映画にありがちな、いきすぎた演出とおっぱいは堪能できます!!

「KARATE KILL」☆2017年3月★

KARATE KILL /カラテ・キル -
KARATE KILL /カラテ・キル -



 最初は、女性が男性に向かって銃を向け、引き金を引くというクライマックスから開始します。

 本編は寡黙でストイックな男・ケンジが過酷なバイトを掛け持ちしながら、ロサンゼルスに留学した妹のマユミに学費を送金してるところからです。

 ところが、ある日、マユミと一切の連絡が取れなくなり、不安を感じたケンジはアメリカへと飛ぶのです。
まず、彼はマユミのアパートへ向かい、そこにいた日本人の男をボコボコにして、マユミのバイト先のバーを突き止めるのです。

 そしてそのバーでマユミの行方を尋ねるのですが、バーのオーナーのバーコード禿親父から、テキサス州エルパソ郊外の辺境にある謎の組織で、本物の拷問や強姦、殺人をインターネット配信している「キャピタル・メサイア」にマユミが捕らえられていることを知るのです。

 そしてケンジは、「空手で強くなって、絶対にマユミを守ってやる」と子どもの頃に誓った約束を胸に、殺人空手を繰り出し、カルト集団に立ち向かっていくのです。果してケンジはマユミを救出することができるのでしょうか?という空手アクション映画です。

 剛柔流大崎空手の師範で、パルクールコーディネーターとしても活躍する主人公ハヤテのアクションとその妹役を演じるAV女優の紗倉まなのおっぱいの揺れを存分に楽しむ映画です。

 ジャケットは70年代〜80年代前半くらいまでのマーシャルアーツ映画を彷彿とさせます。内容は、エロ・グロ・バイオレンスの詰め合わせです。

 そんなわけで、ストーリーに期待はしすぎてしまわないようにしてくださいね。B級感は否めませんが、B級映画にありがちな、いきすぎた演出とおっぱいは堪能できます!!

ストーリー C
映像 C
エロ度 B 
ショック度 B〜C(スプラッター○、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼○、蟲×、監禁×、拷問○、宇宙人×、モンスター×、謎○、アクション×、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」

posted by ホラケン at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

「バニーマン/殺戮のカーニバル」☆2017年3月★エロはそれほどないのですが、グロはとっても凄まじい限りです♪

「バニーマン/殺戮のカーニバル」☆2017年3月★

バニーマン/殺戮のカーニバル [DVD] -
バニーマン/殺戮のカーニバル [DVD] -



 最初は黒人の男に連れられている子供ですが、砂漠で油をかけられ火をつけられてしまいます。なぜこのような虐待を受けるのかの説明はありません。

 火で燃やされている少年に、男はおしっこをかけ火を消します。少年が焼けただれて、くすぶっていると黒人の初年が彼を助けます。こんなオープニングがから始まりますが、特に登場人物に対する説明はありません。

 そのあと、荒れ地を走る1台の車ですが、追ってきた保安官の車に留められます。乗っていた黒人が保安官に尋問され、保安官を殺そうとしますが、すんでのところで男は保安官から解放されます。

 一方、ずた袋を引きずり歩く、ウサギの着ぐるみを着た男ですが、ずた袋から子供が逃げようとすると、ずた袋の上から殴って子供を静かにさせます。バス停に着いたので、袋の中身を取り出すと、それは幼い少年の死体で、どうやら殴りすぎて殺してしまったようでした。

 すると、そこに取り掛かったのは、先ほどの保安官で、車を止め、ウサギ男に銃を向けます。保安官は銃を手に、ウサギ男を取り調べようと近づきますが、背後からやってきた車に曳かれてしまいます。

 車には先ほどの黒人が乗っており、バス停のウサギ男に、「マイケル・・」と声をかけ、車に乗せるのでした。

 彼らは、荒野にある寂れた小屋に戻ったのですが、そこでは「マイケル」と呼ばれたウサギの着ぐるみ男、通称“バニーマン"と3人の黒人男性が家族として暮らしていたのです。

 彼らは、ホラー小屋を新たに立て直し、そこが本当の“恐怖の館"だとは知らずに、心躍る子供や若者たちが集まってくるのです。
果して、この恐怖の館ではどんな恐ろしい虐殺が待っているのか?というスラッシャー・ホラーです♪

 “バニーマン"と仲間の2人が、荒野に人間狩り行くのですが、犠牲者をそんな風にころしちゃうの?!!って感じで、エロはそれほどないのですが、グロはとっても凄まじい限りです♪こいつらの拷問はグロく、思い出すだけでも怖いです!!

ストーリー B〜C
映像 C
エロ度 C 
ショック度 B(スプラッター○、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼○、蟲×、監禁×、拷問○、宇宙人×、モンスター×、謎○、アクション×、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」
posted by ホラケン at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

「ストームブレイカーズ 妖魔大戦」☆2017年3月★結構楽しいので、十分楽しめ、ちょっぴりセンチメンタルでもあります♪

「ストームブレイカーズ 妖魔大戦」☆2017年3月★

ストームブレイカーズ 妖魔大戦 [DVD] -
ストームブレイカーズ 妖魔大戦 [DVD] -



 最初は、天竺に向かう三蔵法師の一行です。ある村に差し掛かった時に、空に血のような赤い雲と真っ暗な雲が渦を巻いて立ち込め、妖怪の出現を予感していました。

 三蔵法師の供である孫悟空がすぐにその怪しい空へと退治に向かいます。そしてその暗雲の中にいる妖怪と戦おうとするのです。

 そして、物語は一日前へと戻ります。そこは、黒い雲が発生したその下の村です。その村で神通力を持つ心優しい妖怪・大錘は英雄になることを夢見ていたが、実際は饅頭を売るだけの冴えない日々を送っていました。

 そんなある日、彼が暮らす村を虎の妖怪が襲撃し、村の宝を要求します。しかしその村には代々村を守っている陰陽師がいて妖虎を追い払います。

 やがて、その村の近くを三蔵法師一行が通り、孫悟空は黒い雲の妖怪に戦いを挑むのですが法力を奪われて地上に落とされてしまいます。

 そこで、偶然にも孫悟空の命を救った大錘は、幼なじみの小美や孫悟空と一緒に妖虎退治の旅に出るのです。果して、妖虎と黒い雲の妖怪を彼らは退治することができるのでしょうか?という「西遊記」の物語をモチーフに、最新VFXを駆使して描いた中国製アクションアドベンチャーです。

 中国お得意の脱力ギャグが随所に入ったズッコケ活劇です。ボケの手数が多く、前半は10秒に1回はボケる勢いのおバカ西遊記です。

 エンドロールまでもボケてるし、そのボケのいくつかがクライマックスで伏線として活かされています。西遊記の面々は完全に脇役で、なぜか人間界に暮らすアホアホダメ妖怪が主人公です。結構楽しく、十分楽しめ、ちょっぴりセンチメンタルでもあります♪

ストーリー B
映像 B
エロ度 C 
ショック度 C(スプラッター×、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター×、謎○、アクション×、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」
posted by ホラケン at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

「イレブン・ミニッツ」☆2017年3月★映画って、事象に隠された因果関係が明らかになっていくのが醍醐味な気がしているのですが、あまりのラストに絶句しました♪

「イレブン・ミニッツ」☆2017年3月★

イレブン・ミニッツ(字幕版) -
イレブン・ミニッツ(字幕版) -



 クライマックスが午後5時に始まり5時11分に終わるこの物語は、大都会に暮らすいわくありげで見ず知らずの人々に起こるドラマをモザイク状に構成し、クライマックスに向け集約した群像劇です。

 大都会に暮らすいわくありげで見ず知らずの人々に起こる思わせぶりなたくさんの人のストーリーが同時進行で進みます。これらのストーリーが最後はどういった因果関係に落ち着くのか頭をひねって観ていました。

 こいつとこいつはどうなっているのか?誰と誰がどこで関係してくるのか?と見てる途中はさんざん考えました。

 出てくる人物は、予告編でもチェックできますけど、ストーリーのあまりの広がりに全員が一つにつながるのは無理ではないかと考えてしまいました。

 最期のほうまでどういった因果関係があるのだろうかと、思いを巡らせましたが、この映画はそういった鑑賞者の思い込みを嘲り笑いますね♪

 シャボン玉のシーンと、四角い空のシーンがとても印象的でしたが、こういう映画って、事象に隠された因果関係が明らかになっていくのが醍醐味な気がしているのですが、あまりのラストに絶句しました♪
 どんなファンに勧めたらいいのか苦慮します♪

ストーリー C
映像 C
エロ度 C 
ショック度 B〜C(スプラッター×、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター×、謎○、アクション×、ゾンビ○、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」
posted by ホラケン at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

「ドント・ブリーズ」☆2017年3月★「グッド・ネイバー」で期待を裏切られたホラーファンにはぜひとも見ていただきたいです♪

「ドント・ブリーズ」☆2017年3月★

ドント・ブリーズ (吹替版) -
ドント・ブリーズ (吹替版) -



 ここはアメリカデトロイト市、かつては自動車産業で反映していたが今ではそれも衰退し、経済破綻を起こした街に住むヒロイン、ロッキーは人のマニーと友人のアレックスを仲間として、街の裕福な家庭に盗みに入っていたのです。

 彼らは警察が本気に捜査しないように高額の現金には手を付けず、それほど高い品物にも手を付けず、被害額を少なく抑えていたのです。

 ロッキーは育児放棄し男を連れ込む母から妹を連れて逃げるため、盗みを行っていたのですが、なかなかお金が集まらなく焦っていました。

 そんな時、交通事故で娘を亡くし加害者から多額の示談金を受け取り、廃墟が並ぶ住宅街に一人で住む盲目の老人の家に盗みに入るのです。

 しかし、眠らせたはずのその老人は眠っておらず、忍び込んだマニーに気づき、どんな音も聴き逃さない超人的な聴覚と屈強な腕力をもち、いとも容易くマニーから銃を奪うのです。
はたして残されたロッキーたち2人の運命はどうなってしまうのか?というハラハラできたスリラーでした。

 ジェットコースターのごとく最後の最後、EDまでハラハラできた作品でした。暗闇の中、手探りで逃げ回る主人公たちと聴覚を頼りに正確に追いかけ、時には先回りする老人の恐怖は本当にしつこく恐ろしいです。

 安堵した瞬間に襲ってくるの連続で、開始10分ほどから終始ハラハラさせられ、あいてのタフさは韓国映画のしぶとい殺人鬼を彷彿とさせます。

 タイトルは「息をするな」の意味で、観る者の緊張感を持続させる演出が素晴らしくホラーファンにはお勧めです♪。「グッド・ネイバー」で期待を裏切られたホラーファンにはぜひとも見ていただきたいです♪

ストーリー B
映像 B
エロ度 B〜C 
ショック度 B(スプラッター×、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター×、謎○、アクション×、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」
posted by ホラケン at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする