ホラー映画研究

2017年01月31日

「ダーク・プレイス」☆2017年1月★なかなか面白いけれども、なんとなくすっきりしない!という感じで、「砂上の法廷」を見終わった時と、同じ感じですね♪

「ダーク・プレイス」☆2017年1月★

ダーク・プレイス(字幕版) -
ダーク・プレイス(字幕版) -

砂上の法廷 [DVD] -
砂上の法廷 [DVD] -






 最初は1985年カンザス州の小さな町で事件は起こったのです。当時8歳だったリビーの母親と2人の姉が何者かによって惨殺されてしまったのです。このときリビーだけが助かり彼女は犯行の一部始終を目撃していたのです。

 そして、リビーの証言により兄ベン(当時16歳)が容疑者として逮捕され、有罪となり終身刑の判決をうけたのです。そして、その事件から28年後の現在、36歳になったリビーはそれまで定職につかず、事件に同情した全国からの寄付金で、孤独で自堕落な生活をおくってきたのです。

 アパートの家賃は2か月も滞納し、女性の部屋とは思えないほどゴミが散乱して、荷物があふれているのです。彼女は有名な殺人事件の孤児として当時は世間から多くの同情を集め、彼女のもとには支援者たちから金が送られていたが、事件が忘れ去られるにつれて、それもなくなっていったのです。

 母親の保険金も支払われたが、その金も尽きて残金はわずか数百ドルとなっているのです。そんなわけで、彼女の生活はきわめて困窮していたのです。そんな不安定な生活を送るリビーのもとに「殺人クラブ」という団体から1通の手紙が届きます。

 「殺人クラブ」は過去の重大事件を再び検証して解決に導く民間のボランティア団体だったのです。リビーはクラブのメンバーであるライルと接触し、28年前の殺人事件の重要な証言者として協力してほしいとオファーを受けます。

 生活に困っていたリビーは多額の報酬を条件にしぶしぶ出席を了承し、リビーは彼らの主張に反発を抱きつつも、報酬ほしさに彼らの調査に協力していくのです。

 リビーは、犯人とされ服役している、兄ベンに久しぶりに再会するのですが、彼は母と姉たち殺めてはいないと、改めて無罪を主張するが、なぜか刑に服することをのぞんでいるのです。いったい兄ベンは何を隠しているのか?そして事件の真相とはいったい何だったのでしょうか?

 28年前の事件を振り返るなか、リビーは事件の真相を突き止めるべく、当時の関係者一人一人へ接触していくのです。彼らとの接触をきっかけにリビーの”闇の記憶(ダーク・プレイス)”が一つ一つ思い出されていきます。そして事件の真相は彼女の想像を超えた衝撃の結末を迎えるでした。

 なかなか面白いけれども、なんとなくすっきりしない!という感じです♪
この感じは、「砂上の法廷」を見終わった時と、同じ感じですね♪

 「砂上の法廷」とは、大物弁護士ラシター・ブーンが、息子の手で殺され、被告人である息子が黙秘を貫いたまま迎えた裁判に、絶対不利な状況で立ち向かう被告人弁護士ラムゼイの物語です。どちらも真相を少しづつ暴いていくという物語でそれなりに面白かったのですが、なんとなくすっきりしない!という感じでした♪

ストーリー B〜C 
映像 B〜C
エロ度 C 
ショック度 B〜C(スプラッター×、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター×、謎○、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」
posted by ホラケン at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

「エスコバル 楽園の掟」☆2016年12月★麻薬犯罪の世界の残酷さと裏切りが色濃くがかれていて、ハラハラドキドキ緊張感たっぷりで、楽しめました♪

「エスコバル 楽園の掟」☆2016年12月★

エスコバル 楽園の掟 [DVD] -
エスコバル 楽園の掟 [DVD] -



 最初は主人公のサーファーのニックは恋人のコロンビア人女性・マリアと荷物をまとめ、逃げようとしているところからです。

 すると彼らのところに誰かが訪ねてきて、エスコバルがニックを待っているというので、ニックはやむを得ず彼らについていきます。

 連れていかれた場所は、国会議員で庶民に施しをするし、家族にも優しいが裏の顔は冷酷な麻薬王パブロ・エスコバルと幹部たちとの集まりだったのです。

 そして物語は、ニックがコロンビアへと足を踏み入れた時からさかのぼって描いていきます。ニックは兄と共にコロンビアを訪れたカナダ人サーファーでした。

 彼はある日、コロンビア人女性・マリアと出会い恋に落ちるのです。彼女が敬愛する叔父パブロ・エスコバルは議員を務め、民衆からの支持も厚い富豪であったのです。

 そんな海辺で暮らすニックと兄は地元のチンピラに因縁をつけられ、ニックは猛犬をけしかけられ大けがを負わされてしまいます。

 そしてニックは恋人・マリアの叔父であるエスコバルに地元のチンピラとのトラブルのことについて訴えるのです。

 麻薬カルテルのボスという裏の顔を持っていたエスコバルは、姪のマリアが連れてきた恋人ニックを、暖かくファミリーに迎え入れるのです。

 しかしニックは次第に犯罪のスパイラルに巻き込まれ、住む世界が違うことに気付き、脱出を試みるというストーリーです。

 物語はパブロ・エスコバルの半生を描くような作品ではなくエスコバルの家族に迎えられたニックが、あまりにかけ離れた世界におののき脱出しようとするストーリーで、麻薬犯罪の世界の残酷さと裏切りが色濃くがかれていて、ハラハラドキドキ緊張感たっぷりで、楽しめました♪

ストーリー B〜C 
映像 B〜C
エロ度 C 
ショック度 B〜C(スプラッター○、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁×、拷問×、宇宙人×、モンスター×、謎○、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」
posted by ホラケン at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「デス・オブ・ザ・ワールド」☆2017年1月★実際の世紀末とはこんな寂しく物悲しい雰囲気なってくるのでしょうね♪

「デス・オブ・ザ・ワールド」☆2017年1月★

デス・オブ・ザ・ワールド [DVD] -
デス・オブ・ザ・ワールド [DVD] -



 最初は、寂しい森の中の一軒家を取り囲んで、男たちが集まります。彼らは、この家を襲って食べ物を探そうとしていますが、彼らのうちの一人は人の住んでいない家を探そうと主張します。しかし彼の言葉は、仲間たちに無視され、家は襲われてしまいます。

 ここは、近未来のアメリカです。謎のウイルスが蔓延し、政府はウイルスの蔓延を阻止しようとしますが、有効な手立てがなく、政府は崩壊しアメリカは無政府状態となってしまいます。

 混沌としたカオス状態の世界で、武器を持った強者は弱者を襲い始めるのです。生き残った人々は、息を潜めて最小単位の家族ごとに、残った食料品を集めながら暮らしているのです。

 そんなようにひっそりと片田舎の森の中でひっそりとジャック一家も暮らしていました。彼らはパパ・ママ・8歳の女の子と行き倒れているところをジャック一家に救われた初老の男です。

 ひっそりと暮らす、この4人ですが、彼らを取り巻く状況は、日々に厳しくなり、食料を奪って荒らしまわる強盗についに狙われ、彼らは逃げることになるのです。

 果して、安住の地を探して彷徨うジャック一家の運命はどうなってしまうのか?という終末世界を舞台に人間同士の戦いを描いたサバイバルホラーです。

 世界観つぃては、「北斗の拳」の世界観ですが、こちらの人々は集落を作らず、数人ごとのグループで生き延びようとしているのですね。謎のウイルスが蔓延したということですが、ゾンビは登場しません。

 弱肉強食の世界観となっており、ヒーローも登場しないので、結構寂しく殺伐とした感じのみが映画を包みます。状況的にはエロもグロも描こうとすれば、可能だと思うのですが、エロもほとんどなく、グロい描写もほとんでありません。実際の世紀末とはこんな寂しく物悲しい雰囲気なってくるのでしょうね♪

ストーリー B〜C 
映像 B〜C
エロ度 C 
ショック度 B〜C(スプラッター○、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁○、拷問×、宇宙人×、モンスター×、謎○、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」
posted by ホラケン at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

「ギャラクシー・スクワッド」☆2017年1月★肉体が破壊されるなど、エグイ内容がコミカルな映像で表現されて何とも言えない感覚です♪

「ギャラクシー・スクワッド」☆2017年1月★

ギャラクシー・スクワッド [DVD] -
ギャラクシー・スクワッド [DVD] -



 ここはオーストラリア・ブリスベン、10歳のアンディはある夜、寝ていたら外が明るくなり、明かりは飛来したUFOが放っていたのです。

 アンディは部屋に浮かしていた風船をもって、外に出て憧れのUFOに間近に接近したのです。でも、そのUFOはすぐに飛び去ったので、アンディのいうことは誰にも信じてもらえませんでした。しかし持って出た風船は消えていたのです。

 それから、十数年たった現在、ファンは身内のみという売れないバンドのボーカル、となったアンディは
27歳になった今もエイリアンの存在を信じているのでした。

 ライブが終わったある晩、突如として空を覆うおびただしい数のUFOが飛来するのです。そしてアンディの住むブリスベンの街に空爆を始めます。

 オーストラリア軍が応戦するのですが、攻撃はブリスベンのみなので、アメリカを含む世界の大国はオーストラリアだけ攻撃するなど、誤爆に違いない、と援軍の派兵を拒否するのです。

 圧倒的戦力による攻撃で町が壊滅状態になる中、アンディに父親から「母親がエイリアンに誘拐された」とのメールが届きます。

 アンディは幼いころUFOから授かったと自分だけで信じている超能力を武器に地球を救うべく立ち上がるのです!果たしてアンディはエイリアンの侵略から世界を守れるのか! ?というSFコメディです♪

 圧倒的戦力で地球征服を企む宇宙人が、なぜオーストラリアを標的にするのか?なぜアンディの母親を誘拐したのか?などのいくつもの謎が明らかになる衝撃的結末に、バカバカしくも面白いです!

 「その斬新な設定やマニアックな映像で、世界中のファンタ系映画祭を席巻した話題作」というのもあながち誇張ではありません。
肉体が破壊されるなど、エグイ内容がコミカルな映像で表現されて何とも言えない感覚です♪

ストーリー B 
映像 B〜C
エロ度 C 
ショック度 B〜C(スプラッター○、サイコ×、オカルト×、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁○、拷問×、宇宙人○、モンスター×、謎○、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」
posted by ホラケン at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

「テイキング オブ デボラ ローガン」☆2017年1月★老婆の認知症や統合失調症で恐怖といえば、「ヴィジット」がこの映画に似ています♪

「テイキング オブ デボラ ローガン」☆2017年1月★

テイキング・オブ・デボラ・ローガン [DVD] -
テイキング・オブ・デボラ・ローガン [DVD] -



 最初は、医大生のミアはドキュメンタリー映画を開始しようとする説明です。ドキュメンタリー映画の制作のためクルーを連れて、ヴァージニア州の田舎町を訪れます。

 そこに住むアルツハイマーを患っている老女デボラと娘サラの生活に密着取材しようとするのです。その田舎町で女手一つでサラを育て上げたデボラは聡明で、意識もしっかりしているものの、認知症が進行しているとのことです。

 ミアはドキュメンタリー映画を撮影しようとし、サラにしてみれば映画撮影によって治療代の補助を得ようと考えてなんとかデボラを説得したのでした。

 デボラは夜行症のため夜になると自宅のみならず、庭にすら徘徊していきます。それもアルツハイマーの症状の一つと医者は見ていたのですが、次第に日中でも言動がおかしくなっていくデボラです。

 突然凶暴になって包丁を振り回し、自らの皮を剥ぎ、背中にはおぞましい痣が出現したり、アルツハイマーでは説明がつかないほどの奇行の数々に恐怖に怯えるサラとミアたちなのです。

 デボラの症状の真相を追っていくサラとミアたちには過去の恐るべき事件がかかわっていることが明らかになるのです。果してデボラはどうなってしまうのか?秘められた事件の真相とは何なのか?というショッキング・ホラーです。

 期待しないで見始めたら、怖さがいろんな面から来て、意外で面白いです。呪い、憑依、病気、殺人鬼、エクソシストなどが絡んで描かれていて、とても意外で斬新な内容でした。ホラー好きな人には超オススメ出来ますね。

 老婆の認知症や統合失調症で恐怖といえば、「ヴィジット」がこの映画に似ています。これは15歳の姉ベッカと13歳の弟タイラーは、休暇に母親の実家へ2人で行き、楽しい田舎での1週間を動画撮影しながら過ごすことになります。

 初めて会う祖父母は優しく、料理も美味しいのです。しかし、夕食後、祖父から「地下室には行くな」「21時以降は部屋の外に出るな」と告げらたのです。

 お腹がすいたベッカは外へ出ますが、祖母の異様な姿を見てしまうのです。次の日以降も、祖父母の奇行はひどくなっていきます。果して、姉ベッカと弟タイラーはどうなってしまうのかというホラーです。
こちらも「テイキング オブ デボラ ローガン」が面白かった人にはオススメ出来ますね。

ストーリー B 
映像 B〜C
エロ度 C 
ショック度 B〜C(スプラッター○、サイコ×、オカルト○、悪魔×、殺人鬼×、蟲×、監禁○、拷問×、宇宙人×、モンスター×、謎○、アクション○、ゾンビ×、サスペンス○)
        
   ある○    あるにはあるが期待するほどではないな△   ない×
 
「↓お願いですから、見たらクリックしてくださいね♪」 
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 
「↑↓両方クリックしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします♪♪」
人気ブログランキングへ 「←こっちもプチッとクリックしてランクアップさせてください・・お願いで〜す♪♪♪」
posted by ホラケン at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする